思春期ニキビと大人ニキビとの違いとは?原因は全く違います!

思春期の時だけではなく、大人になっても人を悩ませるニキビ。
ニキビを予防・治療する為には、ニキビの原因を理解しておかないといけませんよね。

 

 

思春期に出来るニキビと大人になって出来るニキビは原因が違うって知っていましたか?
原因が違うんだから、ケア方法も違うんですね。

 

 

思春期ニキビの原因は主に皮脂ですよね。
Tゾーンを中心に出来やすく、顔以外にも胸など皮脂の多い部分に出来ますよね。

 

思春期に皮脂が多く分泌してしまう原因は、成長ホルモンと性ホルモンにあります。
子供から大人へ成長する過程で、成長ホルモンと性ホルモンが今までに無く多く分泌されます。
成長ホルモンと性ホルモンの増加に伴い皮脂の分泌も急に増えるもんだから、毛穴詰まりが起こったりしてニキビが出来てしまいます。
これは、男女問わず成長する過程で必ず経験する事です。
ホルモン分泌が安定し皮脂の分泌も収まったら、自然に治っていく事でしょう。

 

 

大人ニキビの場合は、Uゾーンを中心にニキビが出来ます。
アゴやフェイスラインですね。
顔以外では、普通に考えて皮脂の分泌が少ない肩などに出来たりします。

 

そういえば、肩にニキビが出来た事あるなと思い出しました。
意識していませんでしたが、そういえば思春期の頃はこんな所にニキビは出来ませんでしたね。

 

大人ニキビの原因は男性ホルモンの増加にあると言われています。
男性ホルモンであるアンドロゲンは皮脂の分泌を促進するそうです。
また、お肌の角質を増やす作用もあるそうです。

 

皮脂の分泌が増えお肌の角質も増えると言う事は、角栓による毛穴詰まりが起こりやすくなりますよね。
皮脂が毛穴に溜まりやすくなりますし、ニキビが発生しやすい環境になってしまいます。

 

また、男性ホルモンが増加すると、お肌の水分量が減少すると言われています。
お肌の角質層には潤いを保つ為水分が貯えられています。
この水分量が減少してしまうと、お肌のバリア機能が低下してしまいます。
バリア機能が低下するとますます乾燥が進みますし、刺激にも弱い肌になってしまいます。

 

では、女性なのにどうして男性ホルモンの分泌が増えるのでしょうか。

 

原因は色々考えられると思いますが、8〜9割かた、ストレスが原因と言われています。
思春期の頃はそれほどニキビを気にした事がない人でも、社会に出て慣れない社会人生活を送る内にニキビが出来たと言う人が多いそうですよ。

 

この様に、思春期ニキビと大人ニキビでは全く原因が異なるんですね。