えっ?ストレスがニキビの原因になるの?

ニキビで悩むのは思春期の少年少女だけではないですよね。
大人になってもニキビに悩む人は多くいます。

 

ところで、ストレスがニキビの原因になっていると言う事を知っていますか?

 

 

思春期のニキビは主にTゾーンを中心に出来ますよね。
原因は皮脂の分泌ですね。

 

思春期の頃は成長ホルモンや性ホルモンが急増する時期になります。
子供から大人へと身体が成長する為に必要な事なんですね。

 

このホルモンが過剰に分泌されてしまうのはしょうがない事です。
ホルモン過剰分泌の弊害で、皮脂が過剰に分泌されてしまう為、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

思春期の成長ホルモン・性ホルモンの過剰分泌は、思春期を終えると共に正常に戻っていきます。
ホルモンの分泌が正常になると共に、皮脂の分泌も収まり、ニキビも出来なくなってきます。

 

 

ただ社会人デビューを迎えると、再びニキビが出来始める人がいます。
むしろ、思春期の頃はあまりニキビに悩まなかった人でも、ニキビができ始めたりします。

 

これは、社会人デビューを果たし今までと異なる環境に置かれた為、ストレスが溜まりニキビが出来たと思われます。

 

ストレスとニキビに何の関係があるのでしょうか。

 

実は、関係がありました。
大人ニキビは、アゴやフェイスラインなど皮脂の分泌があまり無いと思われる場所に出来ます。
思春期ニキビと異なり大人ニキビの原因は男性ホルモンの増加だと言われています。
男性ホルモンは、皮脂の分泌を増加させる作用があると言われています。
その上、毛穴の収縮を促す作用もあり、お肌のバリア機能を低下させる作用まであるそうです。
かなりお肌には良くないですよね。

 

なぜ男性ホルモンが多く分泌されてしまうのか。
理由は色々ありますが、8〜9割でストレスが原因と言われています。

 

だから、環境が頃なり始めた社会人デビューの時などに大人ニキビは出来やすいんですね。

 

 

ストレスが原因で男性ホルモンが過剰に分泌されてしまい、女性ホルモンを上回るようになると、ホルモンバランスが崩れニキビの出来やすい体質になります。

 

では、ストレスを軽減させれば良いのですね。
と、簡単に言ってもそう簡単にストレスを軽減させる事は出来ませんよね。
日々のストレスに加え、今度は大人ニキビのストレスまで加わってしまっては、そう簡単にストレス解消なんて出来ません。

 

でも、ホルモンバランスが原因だと言う事は判っているのですから、まずはホルモン治療を行いホルモンバランスを整えることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

ホルモンバランスが整いニキビも軽減すれば、それだけでもストレスが少し減っていきますよね。
好転すれば、ドンドン良い方向進むかもしれませんよ。