白ニキビの原因と治療。初期段階だから早めにケアを!

ニキビの初期の初期状態、白ニキビ。
この状態の時にキチンと対処していれば、ニキビは悪化する事もないし痕が残る事もないですよね。

 

 

白ニキビは白い吹き出物がプツっと出ている状態の事を言います。
専門用語でコメドと呼ばれていますね。

 

炎症も起きていないですしアクネ菌の繁殖もまだ始まっていない状態です。
この状態の事をニキビと認識せず、タダの毛穴詰まりと思っている人もいるかも知れません。

 

でも、ニキビである事は確かです。
また、白ニキビのうちにケアして治してあげる事が、ニキビを重症化させないポイントですね。

 

 

白ニキビは炎症が起きる前の段階なので、傷みやかゆみはありません。
毛穴に角栓が詰まって皮脂がたまっている状態です。

 

このまま放置してしまうと、毛穴の中でアクネ菌が増殖し、炎症を伴う赤ニキビへと変わっていきます。
白ニキビの状態では炎症も起きていないだけあって、痕を残す事無く治す事が出来ます。

 

 

白ニキビの根本的な原因は、ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンが増えてしまう事にあります。
勘違いしている女性も多いのですが、女性であっても男性ホルモンの分泌はあるのです。

 

ただ、女性なだけあって分泌される量が少ないと言う事です。

 

この男性ホルモンはストレスを感じたりする事で、過剰に分泌されてしまったりするそうです。

 

男性ホルモンが増えるとどうなるでしょうか。
男性ホルモンが増加すると、毛穴が収縮します。

 

すると、毛穴に角栓が詰まりやすくなってしまいますね。
その上、男性ホルモンは皮脂の分泌を増やします。

 

お肌のバリア機能を低下させる性質などもあるため、ニキビの出来やすい環境、ニキビの悪化する環境を作ってしまいます。

 

 

白ニキビを根本的に解決する為には、ホルモンバランスを整える必要があります。
男性ホルモンを制御し、女性ホルモンが常に優位になる様に調整する必要があります。

 

そこで、エストロゲンと言う女性ホルモンや、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンなどの成分を用いてホルモンバランスの調整を行います。
ホルモンバランスを整えてあげる事で、ニキビの出来難い体質に変えるという事ですね。

 

既に白ニキビが出来てしまっている場合は、どうすれば良いでしょうか。
白ニキビの治療法は色々ありますが、面皰圧出で治療を行う事が多いそうです。
毛穴から皮脂を押し出す方法ですね。

 

ただ、注意したいのはセルフケアで爪や毛抜きを使ってニキビを潰す事です。
この場合、肌に傷がつきそこから雑菌が入ってしまう場合があります。
雑菌によって炎症が起きてしまったら、初期の白ニキビだったとしてもニキビ痕になってしまう事もあるので、注意して下さいね。