ニキビができている時のメイク方法!うまく隠せる?

「ニキビが出来てしまったら、メイクは厳禁!」
「だって、ニキビが悪化してしまうから!」
と言うのは、常識でしたよね。

 

でも、絶対メイクしてはいけないと言う訳でもないみたいです。

 

 

思春期の頃ならともかく、社会人として働いているとあまりノーメイクで会社に行く事は出来ないですよね。
もちろん、素肌に自身があったり性格的なものだったりでメイクをしない人は少なくありませんが。

 

新社会人として新しい生活をスタートした人の中には、ストレスが原因でニキビが出来てしまう人も少なくないそうです。
でも、ニキビが出来たからとメイクしないで会社に行く事には抵抗がありますよね。

 

 

メイクのせいで大人ニキビが出来るなんて事は、医学的根拠の乏しい説です。
ニキビの原因は、男性ホルモンの増加や角質層の乾燥にあります。
男性ホルモンが増加する事で、毛穴の収縮が起こり毛穴詰まりが起きやすくなります。
角質層が乾燥すると角栓が出来やすくなるので、やはり毛穴詰まりが起きやすくなります。

 

メイクでニキビが出来る事はないんですね。

 

でも、出来てしまったニキビに化学物質を含む化粧品を塗ると、ニキビの炎症がひどくなる可能性はありますよね。
ニキビが出来ている状態と言う事は、お肌のバリア機能は弱っていると思って良いですよね。
刺激に弱くなっているので、低刺激な化粧品を使う事をおすすめします。

 

最近では、敏感肌用の化粧品も出ていますし、ノンコメドジェニックの化粧品もあります。
この様に刺激に考慮していれば、ニキビが出来ていてもメイクして大丈夫だそうですよ。
むしろ、ニキビが目立たない様にカラーコントロールしてあげれば、ニキビによるストレスも軽減されますよね。

 

 

もう一つポイントがあります。
ニキビは外部刺激で悪化する事があります。
だから、基礎化粧品を使って外部刺激からニキビを守ってあげると言う考え方もあるんですよ。
日焼け止めや保湿をしっかり行う事で、ニキビを外部刺激から守り炎症の悪化を防止すると言う訳なんですね。

 

 

ニキビが出来てしまったら、メイクしない方が良い理由の一つに余計毛穴に汚れが詰まってしまうからと言うのがあると思います。
でも、ニキビが出来ていようといまいと、メイクはしっかり落としてあげないといけませんよね。
メイクが原因ではなく、スキンケア不足の問題と言う事ですね。

 

ニキビの原因の一つにストレスがあります。
メイクでニキビを目立たなくさせれば、少しはストレスも軽減できますよね。
お肌の調子と相談して、上手にメイクしてくださいね。