黄色ニキビの原因と治療方法。病院に行った方がいいの?

小さいニキビを放っておいて膿が悪化してしまった状態を、黄色ニキビと言います。

 

ニキビが炎症を起こしてしまってもなお放っておくと、ニキビはますます悪化してしまいます。
毛穴に詰まった皮脂や膿が回りの皮膚組織にまで漏れてしまった状態です。
黄色ニキビの場合、炎症が真皮層にまで達している為、下手に治療するとニキビ痕が残る可能性があります。
放置し続ける事で、治っても顔に痕がたくさん残ってしまう事がありえます。

 

 

黄色ニキビは黄色い膿を持つ状態まで発展しているので、かなり傷みを伴います。
アクネ菌だけではなく黄色ブドウ球菌まで繁殖している状態です。

 

放っておいても悪化するだけなので、早急な治療をおすすめします。
ただし、この状態にまで発展したニキビは決して自分で潰したりしないで下さい。
高い確率でクレーターになりますよ!

 

 

黄色ニキビまで発展した場合は、皮膚科やクリニックで治療を行う事をおすすめします。

 

たかがニキビで病院に行くのは・・・

 

と躊躇う人もいると思いますが、もう重度の炎症を起こしているのでお医者さんに行って下さい。

 

皮膚科やクリニックでは、まず皮膚の炎症を止める治療をしてくれます。
強めの内服抗生物質を処方してくれると思います。
これで、だいたいの炎症は治まると思います。
ただ、内服抗生物質で炎症が治まらない場合は、ステロイド剤の注射をする場合もあるそうです。
また、炎症を抑えるレーザー治療を行う場合もあるそうですよ。

 

膿が出ているので治療は長期化する事が想定されます。
場合によっては、慢性疾患に効く漢方薬を取り入れる場合もあるとか。
最近は、急性疾患には西洋医学、慢性疾患には東洋医学と使い分けたり併用したりする事が多いそうです。
ニキビの状況に合わせて治療方法を検討してもらえると思いますよ。

 

 

黄色ニキビにまで発展してしまうと言う事は、かなり身体のホルモンバランスが崩れている事が予想されます。
根本的な体質の改善として、ホルモン治療を行う事になると思います。
ニキビの原因と言われている男性ホルモンは、皮脂の分泌を増やしたり、毛穴の収縮を行ったり、皮膚のバリア機能を低下させたりする作用があるそうです。
女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が優勢になってしまっている状態を改善する為の治療を行う事になると思います。

 

 

たかがニキビと思わず、黄色ニキビまで発展した場合は皮膚科やクリニックを受診して下さいね。