乾燥肌なのに、ニキビができるのはなぜ??

ニキビと言えば、お肌が脂っぽい人に出来るイメージがありますよね。

 

でも、お肌が乾燥気味の人でもニキビに悩んでいる人が多いんですよ。

 

皮脂が出ていないっぽいのに、どうしてニキビが出来てしまうのでしょう?
皮脂のケアではないニキビケアがあるのでしょうか?

 

 

お肌のトラブルは様々ですがその原因を覗いて見ると、実は乾燥が原因である事が多いんですよ。
お肌が乾燥すると言う事は、百害あって一利なしなんです。

 

お肌が乾燥してしまうと、まずお肌のバリア機能が低下します。
バリア機能が低下すると、紫外線や外的刺激に弱い肌になってしまいますよね。

 

加えて、異常角化が起きて角栓が出来やすいと言われています。
また、バリア機能が低下している為にお肌の表面は肌を守ろうとして皮脂膜を張ろうとします。
お肌が乾燥しているのに皮脂の分泌量が増えてしまうそうですよ。

 

角栓が出来やすいし皮脂の分泌も増えると言う事は、ニキビが出来やすい環境にあると言う事ですよね。

 

 

では、お肌の乾燥はどうして起きてしまうのでしょう。
最近の説では、男性ホルモンの影響があるのではないかと言われています。

 

根拠は、ニキビケアに来た患者の血清を調べた時、男性ホルモンが多く検出される傾向があった事と、男性ホルモンの影響を多く受けるUゾーンや口周りの乾燥が多かったからです。

 

 

お肌の乾燥は冬場が一番厳しいと思われがちですが、季節問わず乾燥肌のリスクはあるそうですよ
冬は当然湿度も低いので乾燥してしまいます。

 

でお、夏も空気中の湿度自体は高いですが、エアコンの影響を強く受ける事と紫外線によるダメージが強い事で、お肌のバリア機能が低下してしまいます。
お肌のバリア機能は、お肌の潤いを守る機能もあるので、バリア機能が低下すると乾燥しがちになってしまいます。

 

 

乾燥ニキビに悩む人は、まず保湿ケアをしっかり行う事が大切です。
季節に関係なく、しっかり保湿してお肌のバリア機能を復活させる事が大切です。

 

また、男性ホルモンの影響も在り得るので注意が必要になります。
心理的物理的ストレスは男性ホルモンの分泌に繋がるそうです。
ストレスをためない、ストレスを発散させる様に勤め、ホルモンバランスが乱れない様に気を付けたいですね。

 

ニキビケアと乾燥肌ケアを別に考えるのではなく、乾燥肌をケアして結果としてニキビがケアあれると考えると良いですよね。
お肌のバリア機能を復活させて、健康なお肌を取り戻しましょう。