ニキビには漢方でのケアもあります。どんな種類があるのでしょう?

お医者さんで処方してもらう薬は、西洋医学の薬であると思っている人も多いと思います。

 

でも、近年では西洋医学と東洋医学を組み合わせて治療する方法が取られていたりします。
お医者さんから漢方薬を処方してもらう事もあるんですね。

 

ニキビの治療にお漢方薬が処方される事もあるそうですよ。

 

 

ニキビ治療に効果があるとされる漢方薬には、清上防風湯、桂枝茯苓丸加?苡仁、荊芥連翹湯、十味敗毒湯などがあります。

 

 

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)は顔の炎症やほてりを除去してくれる漢方です。
顔の皮膚病に使われる漢方なので、身体の他の部位に発生したニキビには向いていないそうです。

 

炎症を押せる作用や膿を取り除く作用があるので、赤ニキビや黄色ニキビに向いていると言われています。

 

冷え性や下痢しやすい人、虚弱な人には向かないと言われているので、ご注意下さい。

 

 

桂枝茯苓丸加?苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)は、強い炎症を起こした時に処方される漢方です。
他にもめまいや頭痛、生理通の緩和にも処方されるそうです。

 

漢方の世界では、うっ血を伴う炎症や血行障害を悪血と言いますが、その悪血に効果があるとされています。
更年期障害や冷え性の治療にも使われるそうですよ。
女性に多い症状に効果がありますね。

 

この漢方も体力が弱っている人には向かないそうなので、ご注意下さいね。

 

 

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)は鼻炎、扁桃腺、蓄膿症、ニキビなどに処方される漢方です。
体力に自身があり、肌が黒く、手汗をかく様な体質の人向けの漢方だそうです。
衰弱している人が服用すると、皮膚の発赤やかゆみ、食欲不振などの副作用が出ると言われています。

 

 

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)は江戸時代に考案された和製の漢方です。
高い汎用性があると言われ、ニキビ、湿疹、ジンマシン、水虫などの皮膚炎全般に処方されるそうです。

 

 

漢方の考え方は西洋医学の考え方と異なります。
原因を探り対策する西洋医学と違い、体質を考慮し身体全体の状態を良くしていこうと言うアプローチになります。
西洋医学と異なり即効性は低いので、これらの漢方薬は単独で使われる事はありません。

 

 

漢方薬を処方された場合は、基本的に飲み薬となります。
身体の中からの改善になりますね。

 

錠剤として処方されたり、お茶にして飲んだりするそうです。
お茶にするよりは、錠剤の方が効果が高いそうですよ。

 

また、最近では、お肌に塗るタイプもあるそうです。