あごニキビの原因と治療。メルラインのような専用のケアをしないとダメ。

「ニキビはどこに出来ますか?」
と聞かれたとき、回答が多いのはオデコや鼻周りのTゾーンですよね。

 

次点で、あごと答える人が多いのではないでしょうか?

 

思春期の頃はTゾーンにばかりニキビが出来ましたが、思春期も終わると今度はあごやフェイスラインなどのUゾーンにニキビが出来る様になりますよね。

 

「あごのニキビは、若くない証拠。」
なんて言われたりします。

 

 

Tゾーンに出来るニキビとあごやフェイスラインに出来るニキビでは、原因が異なります。

 

Tゾーンに出来るニキビはいわゆる思春期ニキビで、成長ホルモンなどの過剰分泌が原因と言われています。
あごやフェイスラインに出来るニキビは、ホルモンバランスの乱れが影響ではないかと言われています。

 

 

ホルモンバランスの乱れはお肌に大きな影響を与えるそうです。
特に男性ホルモンが多く分泌されてしまうと、皮脂の分泌が多くなったりお肌のバリア機能が低下したり毛穴が詰まりやすくなる傾向があるそうです。

 

女性の場合は、性周期に合わせてホルモンバランスが変化するので、その変化に伴ってお肌の状態も変化するそうです。
男性の場合はそもそも男性ホルモンの分泌が多いので、皮脂の分泌などが多くなっています。

 

加えて、髭をそる機会が多いためお肌が傷つきやすくなり、傷口に雑菌が付いてしまったり毛穴に汚れが詰まりやすくなっていたりします。

 

 

あごは皮脂の分泌が少ないですが、毛穴も小さいので毛穴詰まりは起こりやすい傾向にあります。

 

また、あごやフェイスラインは手で触ったりする事が多かったりするので、雑菌が付きやすい傾向にあります。
毎日のスキンケアでは、意外とあごやフェイスラインのケアが行き届いていない事が多いそうです。
すすぎ不足で洗顔料がちゃんと洗われていなかったり、保湿化粧品がフェイスラインまでキチンと塗られていなかったり。

 

洗顔時にキチンと皮脂汚れを落とせていないと、ニキビに原因になります。
また、保湿が行き届いていないと乾燥肌になってしまう事もあります。

 

お肌の乾燥もニキビの原因だったりしますよ。

 

お肌が乾燥すると、バリア機能も低下するし、潤いを逃すまいと余分な皮脂が分泌されたりします。
お肌の内部が乾燥しているのに皮脂でベタベタになる、いわゆる「インナードライ」になってしまう恐れがあります。

 

あごやフェイスラインは、無意識で手で触れたり衣服の摩擦があって、外的刺激を受けやすい部位です。
意識してケアしてあげると良いですよ。

 

たとえば、アゴニキビのケアに特化した「メルライン」を使用するなど。

 

アゴニキビにあったケアを始めてくださいね。