あごにニキビは大人ニキビ?!大人にあったケアしないとダメ。

Tゾーンや鼻の周りにニキビはできやすいのですが、その他にもあごやフェイスラインに繰り返しニキビができてしまうことがあります。

 

あごやフェイスラインの部分にできてしまうニキビは、20代以降の大人ニキビが多いと言われています。

 

あごやフェイスラインにできるニキビの原因は、ストレスやホルモンバランス・睡眠不足・生活習慣の乱れや環境の変化・加齢などの理由によるターンオーバーが乱れることでおこると言われています。

 

ターンオーバーの低下により肌のバリや機能が低下し乾燥したり、古い角質が毛穴に詰まることでニキビができてしまいます。

 

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝で肌が生まれ変わっていくことを言います。

 

部位や年齢によってもターンオーバーの期間には個人差があります。

 

あごやフェイスラインは、Tゾーンに比べると汗腺が少ないことから汗をかきにくいため、乾燥しやすくなります。

 

乾燥すると、肌の内側が乾燥するインナードライがおこり、皮脂の過剰に分泌されニキビの原因になってしまいます。

 

また、あごやフェイスラインは毛穴が小さいので皮脂が詰まりやすく、ニキビを悪化させることがあるのです。

 

また、手で触ってしまったり髪の毛の毛先が当たることで雑菌が付きやすく、治りにくくなってしまうのです。

 

そのほかにも、間違ったスキンケアをしていたり、スキンケア不足でも起こります。

 

クレンジングや洗顔をきちんと洗い流していなかったり、スキンケアをきちんとあごやフェイスラインまで行っていなかったりすることが原因になってきます。

 

紫外線や外部からの刺激が影響してニキビができることがあります。

 

どのようなことが原因で起こっているかわからないので、正しいスキンケアとバランスの取れた食生活や生活習慣をおこなっていく必要があります。

 

あごやフェイスラインのニキビを改善するためには、うるおい成分をたっぷりと与え保湿をおこなって肌の状態を整えることが大切になってきます。