エクラシャルムの成分を徹底分析!

 

スキンケアも出来てニキビケアまで出来ちゃうという薬用オールインワンジェル『エクラシャルム』。

 

一体どんな成分で出来ているのでしょうか?

 

肌に直接つけるから、しっかり調べてから使いたいという方の為に、全成分の分析をして安心出来るものなのかを確かめてみました!

 

【エクラシャム成分表】より

 

《有効成分》
グリチルリチン酸ジカリウム:マメ科の甘草から抽出されたグリチルリチン酸とカリウムの塩のことで、抗アレルギー薬や化粧品などによく配合され、水産加工食品の醤油や漬物などの甘味料としても使われる成分です。

 

抗炎症作用があるのでニキビの炎症を抑える働きをします。

 

水溶性プラセンタエキス:プラセンタとは胎盤という意味で、動植物から抽出されたエキスが水に溶けたものです。

 

保湿、美白、美肌、血流を良くする、そしてニキビの改善をする効果があります。

 

《その他の成分》
カルボキシビニルポリマー:水に溶けるポリマーのことで、肌に膜を作って保湿効果があります。

 

ポリマーは重合体とも呼ばれ有機化合物ですが、化合物と聞くとあまりいい印象がないと思われがちですが、化粧品に長年に渡って使われ、トラブルの報告は一度もなく、肌への負担が少なく安全性の高いものといわれています。

 

水酸化カリウム:石鹸を作る時などには欠かせないもので、薄めた水溶液は皮膚の表面を軟化する働きをします。
乳化剤としても用いられています。

 

1,3‐ブチレングリコール:よくBGという略称で記載されていることが多く、アルコールの仲間の化合物で、抗菌作用、ビタミンCの酸化を防ぐ働きがあります。

 

グリセリンのような保湿効果が期待できる成分です。

 

フェノキシエタノール:緑茶からの植物由来成分で、少ない量で殺菌作用を発揮するので肌への刺激が少なく、防腐剤の役目も果たしています。

 

1,2‐ペンタンジオール:化粧品の基礎となる多価アルコールの一種で、安全性が確認されている原料です。

 

抗菌効果があり、低刺激なのでサッパリ感を出してくれます。

 

トレハロース:ひまわりの種やキノコ類、酵母などに含まれている糖のことで、食品にも多く使われていますが、
保水力があるので保湿成分として使われています。

 

トリメチルグリシン:野菜やキノコ類にも含まれている成分で、保湿効果があり潤いを与え滑らかな肌に導く効果があります。

 

アラントイン:カタツムリの粘液などにも含まれている成分で、肌荒れ予防、抗炎症作用、また肌再生を促進してくれるのでシミなどにも効果が期待できる優れた成分です。

 

濃グリセリン:高濃度のグリセリンのことで、保湿や肌荒れ防止の効果があります。

 

キサンタンガム:トウモロコシなどから作られた多糖類の一つで、液体の粘度をあげることでしっとり感を引き出す効果があります。

 

モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン:非イオン界面活性剤のことで、乳化させるのに優れた成分で乳液やクリーム作りに用いられます。

 

化粧水に香料や薬剤を溶かしやすくすることにも使われています。

 

2‐エチルヘキサン酸セチル:油の膜をはって、肌内部の水分を外へ逃がさないようにして保湿するという、外側からの働きをする成分です。

 

天然ビタミンE:植物油から抽出されたビタミンEをそのまま使用しているもので、毛細血管を広げて肌の血液が隅々まで行き渡るようにする働きによって、肌荒れ防止効果があります。

 

カンゾウフラボノイド:甘草の根から抽出されたもので美白効果や肌荒れを防ぐ効果があります。

 

チロシナーゼという酵素が活性化するとメラニン色素を過剰に作ってしまうのですが、この活性を抑えてくれるのがカンゾウフラボノイドです。

 

N-ステアロイルフィトスフィンゴシン:セラミド3といわれるもので、修復改善、保湿効果に優れています。

 

酵母から抽出するのが難しく高額がかかりますが、優れた効果があるので、今とても注目されている成分です。

 

加水分解エラスチン液:水を加えて分子量を少なくした弾性線維性のたんぱく質のことで、エラスチンが減ると皮膚の弾力がなくなりしわの原因になるといわれています。

 

エラスチンがなければコラーゲンはバラバラで効果を発揮出来ないので、コラーゲンをを束ねて働きを助ける重要な役目を担っているといえます。

 

水溶性コラーゲン液(4):動物の皮を原料にして、コラーゲンのらせん構造を壊さないように抽出されたもので、膠原繊維と呼ばれるたんぱく質の一つです。

 

保湿効果があり肌をなめらかにしてくれます。

 

加水分解コラーゲン末:水と反応して分解されたコラーゲンの分子量を小さくして、肌に浸透しやすくしたもので高い保湿効果が得られます。

 

精製水:水をろ過して不純物を取り除いた水のことです。

 

塩素を中和する働きがあり、精製水だけでは潤いが保てないので、保湿効果があるものと併用することで効果をあげるものです。

 

ヒアルロン酸ナトリウム(2):鶏冠から抽出し加工したもので、低分子ヒアルロン酸とも呼ばれ、傷の治癒に優れた効果を発揮するもので、即効性があります。

 

加水分解ヒアルロン酸:ヒアルロン酸を低分子化したもので、肌の内部へ浸透して優れた保湿効果があります。

 

ニンジンエキス:高麗人参から抽出されたエキスで、還元作用、代謝促進、血行促進、肌荒れ防止、ニキビ予防など様々な効果があります。

 

トウキエキス(1):せり科の多年草当帰(とうき)から抽出されたエキスで、冷え性対策の漢方薬でも有名なものですが、肌には保湿、美白効果や抗炎症、抗アレルギー作用、肌を整える効果などがあります。

 

エイジツエキス:バラ科のイノバラから抽出されたエキスで、収れん性に優れているのでニキビ予防、美白、皮膚の保護作用などがあります。

 

ワレモコウエキス:バラ科のワレモコウから抽出されたエキスで、抗炎症、収れん、整肌、美白効果があります。

 

刺激が少なく安全性が高いのでベビーローションなどにも配合されています。

 

クワエキス:真桑から抽出されたエキスで、シミやソバカス予防、美白、保湿効果があります。

 

シャクヤクエキス:ボタン科のシャクヤクから抽出されたエキスで、血行促進や消炎効果、美白、肌に透明感を与えるなどの効果があります。

 

アロエエキス(1):ユリ科のキダチアロエやアロエベラから抽出されたエキスで、紫外線を吸収する効果、保湿効果、肌リズムを整えたり傷の治療効果などもあります。

 

クララエキス(1):マメ科の眩草(クララ)から抽出されたエキスで、保湿や血行促進の他、細胞を活性化するなどエイジングケアなどの効果があります。

 

香料:フレグランス

 

以上が薬用オールインワンジェル『エクラシャルム』に含まれている成分となります。

 

実にいろいろなものが含まれているということが、おわかりいただけたと思います。

 

有効成分は、植物生まれのものを厳選して選別されたものだけを使い、贅沢に配合されています。

 

また赤ちゃんにも使えるような優しい無添加処方で、余分なものは一切入っていません。

 

今までニキビに効くものはベタついたものが多かったのですが、独自の技術でサラリとした使い心地に仕上げてあります。

 

効果、安全性、そして使い心地を確かなものにするために、こういった様々な成分を配合することで『エクラシャルム』が誕生しました。
『エクラシャルム』を使って、一人でも多くの人がニキビ悩みから解放され、キレイな肌を手に入れることが出来ることを願っています!

 

エクラシャルムの販売店については『意外なことに、販売店が少ないんです。おすすめの店鋪はココ!』で説明しています。